自宅で作る、A4紙CD/DVDケース

A4の紙にダウンロードした図面を貴方のプリンターで印刷し、実線はカット、点線は折り返す、
これだけで味気ないプラスチック製のスリムケースより遙かに感じの良いオリジナルCD/DVD
ケースが出来上がります。
  • 図面は、ディスク1枚入れ、2枚入れの2種類があります。

  • 1枚入れ、2枚入れの両図面をPDF及びイラストレーター図面としてダウンロード入手頂けます。

  • ディスクの着脱は非常に簡単です。しかし装着した状態でのディスク保持力なのにプラケースより強く、蓋を閉じずに強く振っても、また床に落としてもディスクがケースから外れる事は基本的にありません。プラケースは多くの場合、床に落としたら蓋が外れてしまうと思います。

  • ですから印刷筆記適正は抜群です。背表紙も有効に使いましょう。

  • 紙は、坪料200~300g/m2の厚紙で、エンボス加工された少し高級感のあるものを選びましょう。
    エンボス加工された紙で作ったケースは、プラケースに比べ手触りがよく、
    温もりを感じ、お薦めします。

  • 背表紙部の高さ寸法がプラケースと同寸であるため、棚などにプラケースと混ざって並べて保管しても全く違和感がありません。

  • 音楽、動画、写真など、人に送るには最適です。 写真を入れるなど、デザインはあなたの自由です





プリントした図面 【図面の印刷】

 ダウンロードした図面をA4紙に印刷すると、こんな感じになります。プリンターは紙の四辺に僅かな印刷不可能部があるので、四辺の実線端数ミリは、実線が続くものと考えて切り取って下さい。
 ケースは縦横ともA4の紙幅一杯を使っています。
プリント図面にデザイン印刷 【タイトル等デザイン】 

上記図面印刷A4紙に、タイトル印刷をしたものです。
 PDF図面でも、通常の薄手プリント紙で数回トライすれば、背表紙部以外は大概の写真、デザインは入れる事が出来ます。

イラストレーターをお使いの方は、ダウンロード図面に直接タイトルや写真などを入れ込めるため、背表紙部も含め、PDFよりは位置決めが簡単です。

勿論、手書きOKです。
DVD2枚を装填 【組み立てとディスク装填】

四辺の実線はハサミで切り落とし、ディスク挿入部の半円弧はカッターで切れ込みを入れます。
 点線を折り返せば、左図のようにディスクを装填出来ます。円弧部を上に上げれば、簡単にディスクは外れます。逆の動作で簡単に装填できます。しかし左図のように装填されたディスクはこの状態で振り回しても、落としても、ディスクは外れません。
完成 【完成】

上記2枚入れの蓋を閉じた状態です。
エンボス紙の手触りの良さ、感動ものです。
あなたの好きな紙を探して下さい。大きな文具店に行けば、必ず、A4の厚紙を各種売っています。


ケースの組み立て方

【組み立て方】


図面をA4紙に印刷したら、ケース外観を示す実線はハサミで切り落とし、ケース内側の実線であるディスク挿入口(5)と蓋先端挿入口はカッターで切れ込みを入れます。

次に点線は全て同一方向に折り曲げます。


点線(6)を折り曲げると、ディスク挿入口(5)が形成されます。


左図はディスク1枚入れで示しましたが、2枚入れも全く同じです。


これで、組み立て終了です。
ディスクの装填法
【ディスク挿入】


ディスク挿入口(5)にディスク端を挿入し、
ディスク面を下に押し込むと、ピッタリと
ディスク(D)が固定されます。


蓋をディスク面を覆うように折り、蓋先端ベロを蓋挿入口に差し込み、終了です。

動画1 (ケースの仕組み)を見る



動画2 (プラケースとの比較)を見る
【動画を見る】


・1枚入れ、2枚入れ用のPDF2図面と

・1枚入れ、2枚入れ用のイラストレーター2図面(拡張子:.ai) の計4図面が
 ダウンロードされます。
【ダウンロード図面の説明】



「図面データ」の購入申し込み



ご購入は 申し込みはこちら
(販売単価:1、500円)

【図面の購入】

ご注文後、入金が確定致しましたら購入者マイページから商品(図面)をダウンロードして下さい。

<ダウンロード内容>
・PDF図面        2ページ
・イラストレーター図面 2ページ
・PDF説明書      1ページ






特定商品取引法に基づく表示


inserted by FC2 system